シュワッチで姿勢改善!

2年生になった次男。だいぶん字を書く速度が上がってきました。

1年生の時は、一文字、一文字の形を考えてから書いているな〜という感じでしたけど。

 

ところが、最近見ていると、「字を書く」という動作と、

「顔を紙やノートに近づける」という動作がセットになってきてしまったようです。

字を書く度に、頭がどんどんノートに近付いていくのです。

気がつくと、顔とノートまでの距離は数センチ・・・なんてこともあります。

 

今までは、「○○君、顔が近いよ。」「姿勢悪いよ。」なんて声かけしていましたが、

やはりそれって子供にとっては聞きたくないこと。

素直に聞いて「あ、そうでしたか!」なんて姿勢を正すという展開にはなりません。

 

そこで、どんな声かけが良いかなあと考えました。

何か、お互いに嫌な気分にならないような声かけはないだろうか。

 

子供たちとも話してみて、顔がノートに近付いているのに気付いたら、

それを知らせる「音」をこちらが言う、というアイディアが出てきました。

 

「ピピー」とか、「プププー」とか。でも、それじゃ、いかにも警告音だね、ということで、

「何かいいかんじの音ってないかな?自分で決めていいよ。」と言いました。そこで次男が提案してきたのが、

 

シュワッチ!

 

そうです、さすがウルトラマン大好きの次男です。シュワッチ、シュワッチ!!!言ってみると良い感じ。

 

そして、早速実験が始まりました。顔がぐぐーーーっと近付くのに気付くたび、

「○○君、シュワッチ!」次男は、一瞬止まるのですが、「シュワッチ」と言われると悪い気はしないらしく、「あ!そうだった!」と言わんばかりに頭を上げ、すっと背中を伸ばします。

しかし、大人と同じで、すぐに習慣が戻って来て、またまた頭が下に・・・・。「シュワッチ!」でまた戻ります。

 

自分で決めたっていうところも良かったと思いますが、この「シュワッチ!」今のところはとても良い感じで作用しています。言うこちらも楽しい気分。言われた方も嫌ではないようです。

こうやって、少しでも子育てに楽しむ要素を増やしていけると、ストレス軽減にも役立ちそうです。

 

(伊達アキ)

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中