子供へのサッカーの指導から

こんにちは、高椋浩史です。

少年サッカーの親御さん向けの情報サイト「サカイク」さんに取材をしていただきました。

3本だての記事になっています。子育てにも共通することが書かれていると思うのでよかったらご覧下さい。

「ボールをよく見なさいは間違いだった」

「猫背でもいい!? 子どもにとって自然な姿勢とは」

③ 「子どもを固める教え方では、ネイマールは育たない」

子供との眼のワーク1

田中千佐子さんのブログより引用です。

このごろ子供達との眼のワークをする事が多くなった。

ワークは子供がオーケーならお母さんがそばに居ながらおこないます。

お母さんからも子供の眼ついてお話を聞きます。もちろん大事なのは本人ですので、お母さんの前で言えるのか、などお母さんとの相互関係性を観察しながら。いい機会です。

眼のワークは子供にとって(大人にとってもそうですが)苦痛になることが多い。そのため訓練より遊び、ゲームで。

一つの遊びは、5分ぐらいに。

子供が自信をもてるように心がけています。

* 大人の場合は我慢して行ってしまい、それが逆にトラウマのようになる事がある。〜私にとっていつもとても勉強になります〜

片方が近眼、他方が遠視(+斜視)

片眼をカバーして片目ずつワーク

遠視は手元の細かい事が苦手 

お絵描き、塗り絵もいいですね

そのあと家にあるカラー(赤)を探します。

鼻先から指差します。

色探しは大好きなワークです。

お家でもできます。

子供との眼のワーク

こちらは、田中千佐子さんのブログからの引用です。

このごろ子供達との眼のワークをする事が多くなった。

ワークは子供がオーケーならお母さんがそばに居ながらおこないます。

お母さんからも子供の眼ついてお話を聞きます。もちろん大事なのは本人ですので、お母さんの前で言えるのか、などお母さんとの相互関係性を観察しながら。いい機会です。

眼のワークは子供にとって(大人にとってもそうですが)苦痛になることが多い。そのため訓練より遊び、ゲームで。

一つの遊びは、5分ぐらいに。

子供が自信をもてるように心がけています。

* 大人の場合は我慢して行ってしまい、それが逆にトラウマのようになる事がある。〜私にとっていつもとても勉強になります〜

片方が近眼、他方が遠視(+斜視)

片眼をカバーして片目ずつワーク

遠視は手元の細かい事が苦手 

お絵描き、塗り絵もいいですね

そのあと家にあるカラー(赤)を探します。

鼻先から指差します。

色探しは大好きなワークです。

お家でもできます。