子供の絵って

こんにちは、今日は『おえかき教室』の先生で、アートセラピストでもある登石雅美さんに、子供の絵について語ってもらいます。

〜 こどもの絵って 〜

とくにこどもの絵にはそのときの心が表れます。
実際のものとは違う色を使ったり、ときにはぐちゃぐちゃだったり、関心があるものは大きく描いたり、過去も現在も未来も1つの絵の中に描いたり・・・、大人が判断する上手い下手では言い切れないものばかりだと思います。
形がなかなか描けない、色使いが汚いetc心配される大人の方も多いと思います。
絵には、発達段階があります。
生まれたての赤ちゃんがミルクを飲み、離乳食になり、すこしづつ大人と同じようなごはんを食べることができるように、絵の発達も同じことが言えます。
知能と心の成長に伴い、絵もすこしづつ変わっていきます。
周りと比べると心配や焦りも出てくると思いますが、大切なのは早く上手く描けることではないと思っています。
その時々のこどもの姿を認め、受けとめてあげることが、成長の手助けになることでしょう。
どんな表現にも意味があります。教室では絵の見方もお伝えできたら良いなと思っています。お子様の絵について、何か気になることがありましたらお気軽に声をかけてください☆

〜 アートセラピーって何? 〜

絵画、音楽、ダンスetc、芸術表現を通して行われる心理療法の1つです。
カウンセリングの現場でも用いられています。
自由に表現して行く過程で、自分自身の内面と向き合い、発見し、自身を認識していくことができます。また、表現することによって、自信や心身の解放や、癒しを得ることができます。
その中でも絵画は、言葉で表しにくい感情や感覚も色や形で表すことができます。
上手くなくてもいい、何もつくらなくても、できなくてもいい。
絵は無意識に自分の心を映す鏡のようなものです。
色、形、大きさ、筆圧など、その時々で違ったものがメッセージとして映し出されます。
アートセラピーでは絵を上手く描く必要はありません。
また、色やそのときの気分にあった色々な素材を使って、描く、塗る、触れるだけで心身の解放につながり、気持ちが浄化されて私たちが本来持っている自己治癒力を高めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉祥寺のアレクサンダー・テクニーク教室FUN!で毎月3回「おえかき教室」を開催しております。興味のある方はこちらまでお問い合わせください。

アトリエ リトルバード
mail:atelierlittlebird@gmail.com
Tel:080−3508ー0532

こどもアトリエリトルバードのFacebookページはこちら

広告

塗り絵って☆(その2)

とはいえ、塗り絵もいいものだなぁと思い始めたのは最近です。私も以前は塗り絵なんて、形もかっちり決まっているし、固定概念を与えるんじゃないかと思っていました。
でも、保育所のこども達が、やりたい、やりたいと毎日同じような絵を飽きもせずにやっているのを見て、そんなにいいものなのかなぁと思い始めました。

きっちりキレイに塗ったのを自慢顔で見て!って見せに来てくれる子、ぐしゃぐしゃっと塗ったのを、「これは〜なんだよ!」と話しながら見せてくれる子、みちゃダメ!と隠しながらやる子。。
ひとまとめに上手ね!で終わらせずに関わろう思うと、子どもが何を思って塗っているのか読み取ろうという気持ちになったりします。
そんな風に気にしていると、同じ柄でも日によって全く違うものに仕上がっていたりして、面白いなぁと、最近やっと楽しめるようになりました。

そんなこんなで、塗り絵が気になる最近でした。

こどもアトリエ リトルバード
登石

塗り絵って☆(その1)

先日、職場の保育士の先生から、「こどもにぬりえをさせるのは良くないって言われたことがあるんだけど、どうなの?」って聞かれました。
みなさんはどう思われますか?

確かに、形が決まっているし、こどもの自由な発想の妨げになってしまうのではないかなという印象はあるかもしれませんね。

私は個人的には良い時もあるし、悪い時もあるなぁと思っています。

まず、塗り絵のイラストって、かわいいものやかっこいいものがたくさんあって、こどものやりたい!って気持ちが引き出されやすい気がします。
元々絵が描かれているから、描くことが苦手な子でも塗るのは楽しめたり、取り組みやすい環境になります。
また、好きな色を好きなように塗ることで、その時の気持ちを色を通して発散出来て、情緒の安定にもなるんじゃないかなと思っています。

ただ、その時の大人の関わりによってはこどもにとって窮屈なものになるんじゃないかなー、とも感じます。
「はみ出さないで塗りなさい。これはこの色じゃないでしょ。
がんばって最後まできっちり塗りなさい。」などなど、、。
大人らしい考え方では、キレイに塗られているものが上手だと思いがちではあるのですが。(>_<)
こどもにしてみたら、好きにやりたいの!ってなるかもしれないですね。

実際に私もやってみると、はみ出さないでキレイに塗れた達成感が気持ちいい時と、ただただ手を動かしてやってみたいだけの時と、時と場合によってやってみたい気持ちは色々あるんじゃないかと思います。

そんな時に、なんて声をかけたら、どう関わったらいいのかなぁ、とよく思います。

アナと雪の女王☆

こんにちは。こどもアトリエ リトルバードの登石です。
FUNでお絵描き教室をやっている傍ら、託児所で子ども達と戯れている毎日です☆

子ども達と絵についてをテーマに少しづつ書いていこうと思ったのですが、その前に今日の出来事書きます。

最近、託児所の子ども達が、“ありの〜ままで〜♫”と毎週毎週しきりに歌っているのに負けて、ついに今日観てきました!
すごく力強い音楽!ひきこまれました。
子どもが必要以上に大声で歌うのが何故かわかった気がします(笑)
子どもって素直ですね^_^

同じように絵にも子どもの素直な心が表れたりするのですよ。
詳しくは少しづつ書いていけたらと思ってます(^ ^)

let it go〜!